古紙幣・古銭

古銭・勲章

古銭は、ただの古いお金ではありません、歴史的価値のあるもの、非常に作りの綺麗なもの、 珍品、製造者も流通量さえも不明なもの、逆に全く価値のないもの・・・色々な種類がございます。おじい様、お父様が大切にコレクションされて いた古いお金はたくさんあると思います。古銭といえど、「遺品」ですので、お売りするのは気が引けることと思いますが、そのままの状態で置いておくと、 古いものですので、錆びたり、ダニが湧いて、結局捨てることになってしまった例をよく聞きます。古銭は保存にも気を使わなければいけません。「まねき堂」では、 欲しい方に橋渡しする役目をさせて頂きたく思います。 古銭を鑑定し、適性な評価をもって査定させて頂きます。是非、まねき堂にお持ち下さい。

大判

大判は、家臣への恩賞用、朝廷・公家などへの贈答用に鋳造された特別の貨幣です。最初に鋳造させたのは太閤豊臣秀吉とされています。 重さは十両(44匁=165g)に定め、万延大判を除き、常に大判は十両の重さがあります。天正菱大判、天正長大判、天正大判、慶長笹書大判、慶長大判金、元禄大判金、享保大判金、万延大判

文政小判・天保小判

小判は、今も非常に人気の高い古銭です。滅多に見られないものかと思いきや、天保小判の鋳造量は、1837~1858年の21年間で、800万両、文政小判は1,100万両と言われています。 戦争等で失われたものもあるかと思いますが、日本国内にはまだまだかなりの数の小判が眠っていると思われます。 元禄小判、宝永小判、正徳小判、享保小判、佐渡小判、元文小判、文政小判、天保小判、安政小判、万延小判

他にもおじい様がコレクションしていらっしゃった古銭や勲章はございませんか?
明治二分判金、明治一朱銀、天保二朱金、安政二分判金、明和二朱銀、 松本一分金、天保一分銀 、永楽通宝、貿易銀、一円銀貨、秋田笹一分銀、秋田九匁二分銀判、 場通宝五十文、琉球通宝、豆板銀、天保一分銀、嘉永一朱銀、天保通宝、 寛永通宝等の古銭コレクションをお売り下さい。旭日章、瑞宝章、金鵄勲章、大礼章、支那事変、満州事変、国境事変等の勲章も高価買取させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ