貴金属(金・プラチナ)

お品物の付属品、また鑑定証、認定証、ギャランティ、保証書などがございましたら一緒にお持ち下さい。

金・プラチナ製品

日本でも古来から知られていました 。金は有史以前から貴重な金属として、通貨がわりに、装飾品としても使われて来ました。日本でも弥生時代の「漢委奴国王」金印があることから、かなり古い時代から貴金属として 知られていたことがわかります。(※中国より送られたものではありますが) 古来から今に至るまで、金は非常に貴重な金属なのです。  金本位の時代が終わった今でも、国によっては通貨がわりに使われていますし、金は投資の対象になっています。伝導効率が良いので、工業用貴金属としても利用されています。

2011年の金買取ブーム

2011年は、金価格の高騰がありました。ニュースでも沢山取り上げられたので、よくご存知の方は多いと思います。世界通貨として信用の高かったドルの暴落が原因と、 株価の低下による証券の不信、中国・インドの投資家が急増したことによるマーケットの拡大が原因かと思われています。特に中国は「金」を沢山保有することが、 一つのステイタスなので、中国の投資家が増えたのかと思われます。2012年も上下していますが、以前高値が続いております。 金の高価買取に定評のある「まねき堂」に是非お持ちになって下さい。切れたネックレス、折れた指輪、デザインの古いリングでも大丈夫です。

プラチナ

非常に日本で高い人気
白い光沢を持つ金属として、今も非常に人気が高いです。科学的に非常に安定した金属である為、工業用貴金属としても使われています。そして、酸に強いので、金と同じく腐食しにくいです。 世界にある最古のプラチナは、ルーブル美術館にある通称「テーベの小箱」と言われています。紀元前720年から紀元前659年です。金に比べると、宝飾品としての歴史は浅いのですが、 日本ではプラチナの人気は非常に高いです。日本では殆ど採れない金属なので、人気が高いのでしょうか?金属アレルギーもしにくい金属と言われています。

Pt1000、Pt900、Pt850等色々な表記がございますが、こちらはプラチナの含有量の違いです。 Pt1000は100%プラチナが入っていますが、Pt850は85%プラチナが入っているという意味です。買取価格も変わってきますので、ちゃんと一つ一つグラムを量り、査定させて頂きます。

ちぎれたネックレスでもOK

金やプラチナのネックレス・ブレスレットでちぎれてしまったものや、 石が外れていたり、変型したリング等、デザインが古くなり使われなくなったご不要の金・プラチナ製品も高価買取させて頂きます。 金歯・金縁メガネでもOK!お持ち込みお待ちしております! 銀杯・銀トロフィー等の銀製品も買取させて頂いております! 金とメッキのものと区別がつかないものでもお持ち込みOKです!目の前で査定させて頂きますので、宜しくお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ